iPhone 5専用の耐衝撃ケース『PureGear PX360 for iPhone 5
』を購入、試してみました。

以前レビューを掲載した『PX360 for iPhone 4/4S
』(レビュー)のiPhone 5モデルにあたる製品で、

  • 耐衝撃性能と薄型デザインを両立
  • カラビナを取付けられるループホール付き
  • ドライバーを兼ねたマルチツールが付属

といった特徴があります。

パッケージは厚手のジップロックのようなプラスチックバッグで、アウトドアなどで防水ケースとして再利用できるとのこと。

puregear_px360_iphone5_1.jpg

ケース本体の他に、液晶保護フィルム・ドライバー兼マルチツール・カラビナが付属します。

puregear_px360_iphone5_2.jpg

本体は前後の2つのピースでiPhone 5をサンドイッチする構造。

背面用パーツの内側には衝撃を吸収するウレタンが貼られています。

puregear_px360_iphone5_4.jpg

前後のパーツは6本の六角ネジで固定。

ネジを受ける背面パーツ側に金属のナット(?)が埋め込まれているので、少々強めに締め上げてもネジ山が潰れない安心感があります。

puregear_px360_iphone5_3.jpg

ネジはマルチツールに付いている六角レンチで回します。

このマルチツールは、iPhoneのスタンド、栓抜きとしても利用できます。

puregear_px360_iphone5_5.jpg

ピッタリとフィットする精度の高い造り、マットな表面加工およびデザイン性の高さで、安っぽい印象はありません。

puregear_px360_iphone5_6.jpg

耐衝撃性を謳うケースは総じて、通常の生活ではありえないような衝撃にも耐える「オーバースペック」なものが多く、やたらと分厚かったりします。

このケースは落下時に衝撃を受けるエッジを中心に保護性能を持たせ、シリコンケース程度の厚みしかありません。

puregear_px360_iphone5_7.jpg

ボタン類の操作に問題はなく、押しにくそうなサウンドスイッチも意外と使いやすい印象です。

スリープ・電源のボタンはループホールの中にあります。

puregear_px360_iphone5_8.jpg

本体下はラバー製のキャップで閉じておくことができます。

穴が開いているので防水・防塵ではなく、あくまで衝撃からの保護が目的と思われます。

puregear_px360_iphone5_9.jpg

キャップを開けると十分なスペースがあり、Lightning-Dockのアダプタも利用できます。

イヤフォンもよほど大きなサイズでなければ使用できるはずです。

puregear_px360_iphone5_10.jpg

iPhone 4・4S用のレビューでも触れましたが、例えばベルトなどにぶら下げた状態から画面を確認しようとすると画面が上下逆になってしまうため、若干使いにくさを感じることがあります。

それを除けば、他にあまりないデザインで個性を主張することができる、なかなか良いケースだと思います。

puregear_px360_iphone5_11.jpg

価格は2,980円(税込)〜で、カラーバリエーションやループホールが無いモデル「PX260」もあります。

好き嫌いがハッキリと別れるデザインですが、一般的なケースよりも保護性能を求める方はチェックしてみる価値があると思います。