carbonlook_for_ipad_mini_0.jpg

フォーカルポイントから発売されているiPad mini用ケース・カバー『TUNEWEAR CarbonLOOK for iPad mini
』を購入、試してみました。

製品の特徴をまとめると、

  • 背面用ケースと液晶用カバーを一体化
  • カバーの開閉によるスリープ・スリープ解除に対応
  • カーボン調のデザイン
  • 液晶保護フィルムが付属

などがあります。

carbonlook_for_ipad_mini_1.jpg

パッケージには、ケース本体、液晶保護フィルム、クリーニングクロスが含まれています。

carbonlook_for_ipad_mini_2.jpg

ポリカーボネート製のケースと、PUレザー製のフロントカバーは一体化されています。

フロントカバーの内側は不織布のような柔らかい材質で、液晶面をキズから守ります。

carbonlook_for_ipad_mini_3.jpg

ケース部分は、一般的なハードケースと同じ四つ角をパチンとはめ込むタイプ。装着すると簡単には外れません。

carbonlook_for_ipad_mini_4.jpg

カメラ用ホールの位置と大きさ、ボタン・スイッチ類の開口も問題なく、iPad miniの操作に影響を与えません。

carbonlook_for_ipad_mini_5.jpg

ケースの下からみたところ。

Lightningコネクタへのアクセスも問題なく、左右のスピーカーも塞がれていません。

carbonlook_for_ipad_mini_6.jpg

フロントカバーの表面は、PUレザーにカーボン調の型押し処理を施してあります。

わずかに凹凸があり、見る角度によってカーボンのような美しい模様が浮かび上がります。

「カーボン調」というと偽物のようですが、本物のカーボンは電波を遮蔽する性質があり、また高価な素材でもあるため、ケースに採用するのは難しいという実状があります。

carbonlook_for_ipad_mini_7.jpg

純正のスマートカバーと同様に、フロントカバーにはマグネットが埋め込まれており、開閉と連動してスリープ(および解除)します。

カバーを開けるとすぐに使え、また閉じると自動でスリープになるので便利です。

carbonlook_for_ipad_mini_8.jpg

閉じた状態では、マグネットによってiPad miniにぴたりと貼り付きます。

アマゾンなどのレビューで「カバーが浮く」という指摘をみかけますが、新品の状態では折り目が固く水平になりにくいのが原因のようです。

carbonlook_for_ipad_mini_9.jpg

よって購入直後は、何度か下の写真のように「Z字」に畳んであげると、折り目が馴染んで浮かなくなります。

carbonlook_for_ipad_mini_10.jpg

アップル純正スマートカバーはポップなカラーがメインですが、カーボン調のデザインは落ち着きがあり、利用シーンを選ばないというメリットがあります。

今回購入したブラックの他に、ホワイト・バージョンもあります。

carbonlook_for_ipad_mini_11.jpg

記事掲載時の実売価格は3,000円(税込)前後。

純正のカバー(3,980円)とほぼ同等の機能があり、さらに背面のケースも付属していることを考えると、なかなかお得ではないでしょうか。

iPad miniの前後両面を保護し、スマートカバー機能を使いたい方にお勧めします。