OtterBox社のiPad mini用対衝撃ケース『OtterBox Defender for iPad mini
』を購入、試してみました。

同社の「DEFENDER」シリーズは、衝撃に対する保護性能の高さだけでなく、操作性を犠牲にしない設計、精度の高い造りで人気のあるケースです。

新たにシリーズに加ったこの『OtterBox Defender for iPad mini
』は、

  • ポリカーボネート製のインナーシェル
  • 衝撃を吸収するアウターシェル
  • 液晶を保護するプロテクター
  • スタンド機能付きのフロントカバー

などにより、iPad miniをしっかりと守ってくれます。

otterbox_defender_ipad_mini_1.jpg

製品は大きく別けて、ケース本体(手前)とスタンド付きフロントカバー(奥)、の2つで構成されています。

otterbox_defender_ipad_mini_2.jpg

ケース本体は、ポリカーボネート製のインナーシェル(左・中央)と、それを覆うシリコン製のアウターシェル(右)の3つのパーツから成ります。

3つを合わせると約198グラム(実測)あります。

インナーシェルの背面側(中央)にある2つの長方形は、衝撃を吸収する低反発素材のパッド。

otterbox_defender_ipad_mini_3.jpg

ケースを装着するには、まずiPad miniをインナーシェルのバックパーツに置き、液晶プロテクター付のフロントパーツでサンドイッチします。

otterbox_defender_ipad_mini_4.jpg

フロントとバックのパーツは、12カ所にもおよぶ「ツメ」でしっかりと固定されます。

otterbox_defender_ipad_mini_5.jpg

次に背面と側面をぐるりと包み込むシリコン製のアウターシェルを装着します。

精度の高い造りでインナーシェルにある溝にしっかりとはまるので、まるでひとつのパーツのような一体感があります。

otterbox_defender_ipad_mini_6.jpg

カメラ周辺の様子はこちら。

防水や防塵を謳っている訳ではなく、カメラにカバーはありません。

otterbox_defender_ipad_mini_7.jpg

サウンドスイッチはフラップ状のカバーで覆われており、必要に応じて開閉する仕組みです。

このフラップもよく出来ていて、必要のない時はピタッと閉まった状態を維持してくれます。

otterbox_defender_ipad_mini_8.jpg

イヤフォンジャックにもカバーが付いています。

スリープ・電源ボタンの操作性も問題ありません。

otterbox_defender_ipad_mini_9.jpg

ホームボタンはシリコンのアウターシェルで覆われています。

柔らかいぶんより強めに押す必要がありますが、慣れてしまえば気にならなくなる程度だと思います。

Lightningコネクタにカバーがあります。

otterbox_defender_ipad_mini_10.jpg

付属のフロントカバーは、2段階で角度を調節できるスタンドの機能がついています。

otterbox_defender_ipad_mini_11.jpg

縦・横どちらでも使えるので、合計4通りに使えることになります。

スタンドとして使わないときは、iPad miniの背面または前面に装着できます。

フロントカバーをすると、どの方向から衝撃が加わっても完全に保護してくれます。

otterbox_defender_ipad_mini_12.jpg

以前レビューをしたiPhone 5用もそうですが、「DEFENDERシリーズ」は細部までとても丁寧に造られている印象を受けます。

価格は6,980円(実売5,300円〜)と高めながら、アウトドアでの使用や小さな子供のいる家庭など、iPad miniを酷使する環境にはもってこいのケースではないでしょうか。