ipad4_benchmark_1.jpg

11月2日の発売を前に、第4世代iPadのベンチマークスコアがひと足早く公開されています。[source: MacRumors

スコアはクロスプラットフォームのベンチマークソフト『Geekbench 2 App Store』によるもので、第4世代iPadは前の世代の「791」の約2倍となる「1757」を記録したと報告されています。

【リンク】Geekbench Browser 

ipad4_benchmark_0.jpg

アップルは、第4世代iPadを発表したイベントや自社のWebサイトでプロセッサーのパフォーマンスを2倍と謳っていますが、今回のテストでそれが裏付けられたことになります。

ipad4_release_2.jpg

またベンチマークの結果によると、第4世代のiPadは「Apple A6X」を1.4GHzで駆動し、搭載メモリは1GBとなっています。

iPhone 5の「A6」は1.3GHzで、ベンチマークのスコアは「1601」。約10の差は駆動クロックの違いが要因と考えられます。

「GeekBench」のテストにはグラフィクスの項目が含まれておらず、第4世代iPadのクアッドコア・グラフィクスのパワーは反映されていません。

ipad4_benchmark_2.jpg

iPadとして初めてRetinaディスプレイを搭載した第3世代のiPadは、画面をスクロールする際に若干の遅れがみられるなど、画面スペックにプロセッサーの処理能力が追いついていないと思われることがありました。

2倍のパフォーマンスを出す「A6X」により、最新のモデルではこのような問題も解決されていると予想されます。

第4世代iPadはプロセッサーの他にも、Lightningコネクタ、国内のLTEネットワーク対応、FaceTimeカメラのHD化など改良が加えつつ、価格を据え置きで販売されます。