hiding_secret_photo_1.jpg

iPhoneのカメラロールにある”見られたくない”写真を、サードパーティ製アプリを使うことなく、簡単に隠しておく方法が紹介されていました。[source: Lifehacker

iPhone標準のカメラで撮影した写真は全て「カメラロール」に保存されるため、プライベートな写真がふとした拍子に表示されてしまったり、目を離した隙にチェックされたりする可能性があります。

下の方法を使うことで、そのような写真を簡単に隠しておくことができます。

例えば、何らかの理由でこのツーショットを隠したいとします。

hiding_secret_photo_2.jpg

まず、写真を選択して、右上の「編集」をタップします。

次に右下の「トリミング」用のボタンをタップ。

hiding_secret_photo_3.jpg hiding_secret_photo_6.jpg

写真の中の「表示しても差し支えない」部分をトリミングして、「保存」します。

すると、サムネイルおよび写真はトリミングした部分だけが表示され、あたかも元々この男性一人を撮影した写真のようにみえます。

hiding_secret_photo_4.jpg hiding_secret_photo_5.jpg

隠した女性の部分は消えてしまうの?、と心配になりますがご安心を。

実はこのトリミング機能では、オリジナルがそのまま残っているので、再度「編集」>「トリミング」に進み、トリミングの範囲を変えるだけで、元のツーショット写真に戻すことができるのです。

もちろん、パスコード付きのサードパーティ製が最も安全ではありますが、ちょっと人目を避けたい写真があるときなど、知っておくと便利な方法ではないでしょうか。