power_support_flat_bumper_set_review_0.jpg

パワーサポートから発売されている『フラットバンパーセット for iPhone4S/4
』を購入、試してみました。

この製品は、その名のとおりiPhone 4・4S用のバンパーで、

  • ボタン類の突起がないフラットなデザイン
  • 画面側へのせり出しが少なく操作に影響しない
  • 液晶保護フィルムと相性がよい
  • 安心のパワーサポート社製

といった特長があります。

power_support_flat_bumper_set_review_1.jpg

バンパー本体の他に、

  • AFPフィルム(画面用)
  • アンチグレアフィルム(画面用)
  • 光沢フィルム(背面用)
  • マットフィルム(背面用)

の計4枚の保護フィルムと、クリーニングクロスが付属しています。

とくにAFPフィルムは、絆創膏のように中央から位置を定めて貼る採用し、ズレることなくぴったりと貼れる優れものです(詳細はこちらのレビューをどうそ)。

power_support_flat_bumper_set_review_2.jpg

バンパーの素材は、内側が弾性のあるエラストマー、外側はポリカーボネートを使用。

カラーバリエーションは、今回購入した「シルバー」の他に、「ブラック」「パールホワイト」「パールピンク」があります。

power_support_flat_bumper_set_review_3.jpg

このバンパーの特長のひとつは、ネーミングにもなっている「フラット」なデザインを採用し、本体の横のボタンに突起がないというところ。

本体に弾性を利用したもので、もちろんボタンの場所を押すとちゃんと機能します。

power_support_flat_bumper_set_review_4.jpg

スリープ/電源のボタンも同様にフラットなデザイン。

ボタンの横に浅いスリットがあるため、手探りでボタンを探しても見つけることができます。

power_support_flat_bumper_set_review_5.jpg

本体の下方向からみたところ。

ドックコネクタ周囲は、アップル純正のバンパーよりも若干広い程度。

けして大きくないので、使用する周辺機器によっては干渉する可能性がありそうです。

power_support_flat_bumper_set_review_6.jpg

アップル純正のバンパー(左)と並べてみたところ。

純正のバンパーがiPhoneの側面を覆うように画面側と背面側にせり出しているのに対し、このバンパーはそれがほとんどありません。

純正よりも落下時の保護性能が劣る可能性がある一方、iPhone 4・4Sの厚みがほとんど変わらず、また画面の端の操作でジャマになることもありません。

power_support_flat_bumper_set_review_9.jpg

また、画面側へのせり出しがないことのもう一つのメリットは、液晶保護フィルムとの相性がよいこと。

純正のバンパーは液晶フィルムと干渉し、フィルムの端がめくれ上がってしまうことがありますが、このバンパーではその心配がありません。

power_support_flat_bumper_set_review_7.jpg

フラットなデザインを採用したことで、見た目もかなりスッキリとしています。

遠目にはiPhoneをそのまま使用しているように見えるかもしれません。

power_support_flat_bumper_set_review_8.jpg

純正のバンパーを装着すると厚みがかなり増した印象を受けますが、このバンパーはそれがほとんどなく、iPhoneを裸で使用していた人でもほとんど違和感なく使用できると思います。

これひとつで、側面はバンパー、液晶と背面はフィルムで、iPhoneをキズなどからまるごと保護することができ、なかなかお得なセットではないでしょうか。