bitplay_snap_iphone_case_0.jpg

iPhone 4・4Sをコンパクト・デジカメ風に装うケース『bitplay SNAP!』を購入、試してみました。

カメラ風のiPhoneケースはけして珍しくありませんが、この製品は正解初とされる「リアルなシャッターボタン」を搭載しているのが最大の特長。

パッケージには、ケース本体の他に、ストラップと専用の液晶保護フィルムが付属します。

bitplay_snap_iphone_case_1.jpg

ケースは上下の2つのピースに別れており、さらにドックコネクタのフタを兼ねたグリップ、上下のピースを締める偽レンズキャップで構成。

bitplay_snap_iphone_case_2.jpg

シルバーの光沢があるボタンが問題のシャッター。

シャッターボタンはホームボタンの右側、SIMトレイのすぐ横にあたる場所にあり、ボリュームボタンを使用している訳ではありません。

bitplay_snap_iphone_case_4.jpg

シャッターボタンの中をみると、スイッチのようなものが2つ並んでいるのが確認できます。

bitplay_snap_iphone_case_3.jpg

画面側にはホームボタンを中心としたダイヤルがあり、撮影時はこれを90°回転させてカメラプリのシャッターに被るようにします。

どのような仕組みか不明ですが、確かにシャッターボタンを押すとアプリの画面のシャッターを切ることができます。

標準のアプリ以外でも、『Instagram』をはじめ、シャッターボタンの位置が中央下にあるものであれば利用できます。

bitplay_snap_iphone_case_5.jpg

各パーツの造りは精度が高いものの、樹脂製のためかややチープな感がしないでもありません。

金属製にすれば質感がアップするのは間違いありませんが、価格が上昇するうえ、電波の受信に影響が出る可能性もあり、素材の選択としては樹脂が正解なのかもしれません。

bitplay_snap_iphone_case_6.jpg

グリップの部分はラバーが貼付けられ、しっかりとしたホールド感があります。

シャッターボタンの効きも問題なく、コンデジのように片手でパシャパシャと撮影できます。

bitplay_snap_iphone_case_7.jpg

グリップの下には三脚用のネジ穴もあり、カメラを固定して撮影したい場合に役立ちそうです。

カメラ風ケースの中では機能・質感ともにレベルが高く、iPhoneをコンデジ風にすることに魅力を感じる方は、チェックしてみる価値があるアイテムではないでしょうか。

カラーは今回購入した「ブラックxシルバー
」の他に、「ブラック
」「ホワイト
」があります。

製品名 bitplay SNAP!
製造 bitplay
ショップ Amazon
楽天市場
サイズ 60 x 130 x 24 (mm)
参考価格 4,200円 (税込)