ipodtouch_41_inch_parts_0.jpg

次期iPod touchのものとされる、画面が大型化したフロントパネルの画像が掲載されています。[Source: MacRumors

画像のソースは、iPhone・iPodの修理・パーツ販売を行うBadGizmoが入手したもので、ホワイトおよびブラックのフロントパネルを撮影したものです。

現行のiPod touchとは明らかにことなる形状をしており、画面サイズは現在の3.5インチよりひとまわり大きい”4.1インチ“もあるとのこと。

ipodtouch_41_inch_parts_2.jpg

外寸についての表記がないためデバイスのサイズが不明なものの、現在よりもフレームが狭く、上下方向に大きく拡大しているようにみえます。

デバイスの大きさに変更がないと仮定し、現在のiPod touch(左)と今回のフレーム(右)を並べてみたのがこちら。

ipodtouch_41_inch_parts_4.jpg

問題の画像はiPod touchのものですが、アプリの互換性の観点から、次期iPhone「iPhone 5 (仮称)」も同じサイズとなることは間違いありません。

下はMacRumorsが掲載した、縦方向に画面の拡大したiPhone 5のモックアップ画像。

ipodtouch_41_inch_parts_5.jpg

iPhone 5の液晶サイズが4インチ前後に拡大されるとの噂・憶測はこれまでにも幾度となく流れていますが、それに繋がる証拠らしきものは今回の画像が初めてではないでしょうか。

もちろん、この画像が単なるニセモノまたはアップルがテストに用いるプロトタイプのものである可能性は否定できません。

iPhone 5および次期iPod touchは秋頃に発売されるとみられ、デザインが大幅に変更されることが期待されています。

今回の画像も、新モデルを占う上での重要なパズルのピースとなるかもしれません。

【関連記事】iPhone 5のパーツが早くも流出!?〜新デザインのホームボタンが流通