ios_quadcore_rumore_0.jpg

開発者向けに配布されているiOSのベータ版に、クアッドコアチップを示すコードがに追加されていることが判明。

アップルが、次世代のiPhone・iPad向けにクアッドコアチップの準備を進めていると伝えられています。[source: 9to5Mac ]

元記事によると、iOSに精通した人物が「iOS 5.1ベータ2」の「Core Management Software」という部分に、クワッドコアを示すコードが含まれていることを発見したとのこと。

下のスクリーンショットの「/cores/core.3」がそれで、シングルコアは「/cores/core.0」、デュアルコアは「/cores/core.1」となっていることから、これがクアッドコアを示すものと考えて間違いないようです。

ios_quadcore_rumore_1.jpg

アップルは、2010年に発売された初代iPadに、自社開発のチップ「Apple A4 」(シングルコア)を初めて採用。iPhone 4、第4世代iPod touch、第2世代 Apple TVにも搭載しています。

昨年には、iPad 2でデュアルコアの「Apple A5」をリリースし、iPhone 4Sにも採用されています。

デュアルコアを採用したことによるパフォーマンスの向上は顕著で、各種ベンチマークでも圧倒的な高速化が裏付けられています。

より高い処理能力を求め続けるゲームはもちろんのこと、iPad 3のRetinalディスプレイ化や「Final Cut Pro for iOS」など噂もあり、クアッドコア化を避けて通ることはできません。

今回の発見は、「iPad 3」や「iPhone 5」(共に仮称)に搭載されることの直接の証拠とはなりませんが、競合するAndroid陣営ではすでにAsusがクアッドコアのタブレットを発売しており、アップルも開発を急ぐ必要に迫れていることは間違いなさそうです。