iphone5_plastic_bezel_0.jpg

Boy Genius Reportが、iPhoneの次期モデル「iPhone 5 (仮称:画像はイメージ)」に関する情報を入手した伝えています。[source: BGR ]

記事によると、次期モデル「iPhone 5」について、

  • 2012年の秋(iPhone 4Sと同じ頃)に発売
  • アルミ製のバックパネルを採用
  • 樹脂製のベゼルを採用

という情報を入手したとのこと。

発売時期、バックパネルの素材についてはこれまでにもあった情報・噂と同様ですが、注目したいのは「樹脂製のベゼル」を採用するとする点です。

記事では、このベゼルに関して、

  • 純正バンパーのような、プラスチックまたはラバー素材
  • iPhone 3G/3GSのように、バックパネルとガラスを接合
  • アンテナをカバーする役割

という特徴も挙げています。

また、アンテナを樹脂でカバーすることで、パックパネルにアルミを採用しつつも、iPad 2 3G+Wi-Fiのような黒いアンテナカバーが必要なくなる、としています。

情報のソースが明らかにされていませんが、iPhone 4でのアンテナ問題を根本から解消する手段として、樹脂製ベゼルの採用は理に適っているといえるかもしれません。

iPhone 5については他にも、iPad 2に似たアルミ製のバックパネル、4インチに拡大された液晶を搭載するとの情報があります。