ifixit_thristy_bag_0.jpg

米iFixit社が、水没させてしまったiPhoneなどのデバイスを乾燥させるキット『Thirsty Bag』を発売しています。[source: iFixit ]

iPhoneに限らず電子デバイス全般が水に弱いことは分かっていても、予期せぬ事故というのはだれにでも起こる可能性があります。

このキットは、そのような事故が万一発生した時のためのもので、強力な乾燥剤と密閉して保管するためのバッグがセットになっています。

ifixit_thristy_bag_1.jpg

使い方は次のとおり。

まずは落ち着いて、水没させてしまったiPhone(または他の携帯電話やポータブルゲーム機など)の電源を切ります。

充電用のケーブル、ケースなどは全て取り外します。

ifixit_thristy_bag_2.jpg

次に外側の水分を拭き取ります。

ifixit_thristy_bag_3.jpg

あとはキットに入っている乾燥剤と共にバッグに入れ密封。

最低でも24時間はそのままにしておきます。

ifixit_thristy_bag_5.jpg

iPadを浸水させてしまった場合は、ジップロックなどにキットの乾燥剤と共に入れておけばOKとのこと。

ifixit_thristy_bag_4.jpg

成功のカギは水没させてからいかに早く処置するかにかかっており、あらかじめ購入しておき、身近な場所に常備しておくことが推奨されています。

価格はUS$6.95(約540円)ですが、日本への送料がかかるため、購入するのであれば友人などとまとめ買いした方がよいかもしれません。

水没はiPhoneの保証対象外のため、修理代もかなりかかるようです。

専用のバッグを買うのはちょっと大袈裟な気もしますが、「iPhone 水没」で検索をすると様々な民間療法(?)がみつかるので、万一に備えて目を通しておくことをおすすめします。