macpeople_jobs_tribute_0.jpg

本日発売されたMac People12月号増刊『CEOスティーブ・ジョブズ
』を購入してみました。

10月5日の悲報から10日以上経った今も、ジョブズ氏のエピソードや業績を讃える記事などが絶えません。

本書は、起業・ビジネス哲学から基調講演のヒストリーまで、あらためてジョブズ氏の偉業を様々な角度からみつめ直したもので、ネット上の断片的な情報では物足りないと感じているひとにちょうどよいかもしれません。

macpeople_jobs_tribute_1.jpg

ページ数は127と決してボリュームがある書籍ではありませんが、写真よりも文章量が多く、それなりに読み応えがあります。

たとえばアップル創業当時の製品やエピソード。

その後カリスマと呼ばれるようになる経営スタイルがすでに確立しつつあることが伺えます。

macpeople_jobs_tribute_2.jpg

そしてページ数のほぼ半数を占めているのが、ジョブズ氏の基調講演の歴史。

1997年から2011年までのジョブズ氏によるキーノートを振り返り、年を重ねて行く同氏の写真、そしてアップル製品の進化をみることができます。

macpeople_jobs_tribute_3.jpg

今日この本を書店で購入する際に、ジョブズ氏を特集した他の雑誌等にも目を通してきましたが、本書がページ数・文章量ともに最も充実しているようです。

もっとも、ジョブズ氏の素顔に迫る書籍は、来週発売が予定されている、「公認の伝記」が本命なことはいうまでもありません。


ジョブズ氏の偉業だけでなく、同時にAppleの歴史や、iOSデバイスへと引き継がれているMac OSの系譜などを知ることもでき、Macユーザー以外の人にもおすすめです。

製品名 CEOスティーブ・ジョブズ
出版社  ASCII MEDIA WORKS
ショップ アマゾン / 楽天市場
価格 680 円 (税込)