iphone4s_benchmark_anandtech_3.jpg

発売を14日に控えた「iPhone 4S」の性能をテストしたベンチマークの結果が公開されています。[source: AnandTech ]

先日のアップルによるスペシャルイベントで、iPhone 4Sの性能について、

  • デュアルコアのApple A5チップを搭載
  • プロセッサー速度が最大2倍
  • グラフィクス速度が最大7倍

と発表されています。

今回、AnandTechが公開したベンチマークテストの結果をみる限り、アップルが謳う性能向上が裏付けられているようです。

まずはMacやiOS用のベンチマークとして広く使用されている『GeekBench』によるもの。

スコア(数値)は「GeekBench」独自のもので、値そのものよりも機種間の性能を比較する目的で使用されます。

下は、iOS 5(GM)上で、iPhone 4S・iPhone 4・iPhone 3GSの「Overall」スコアを比較しています。

iPhone 4→4Sでスコアが約73%アップしており、iPhone 3GS→4(35%アップ)よりも大きな性能向上となっていることがわかります。

iphone4s_benchmark_anandtech_0.jpg

こちらはCPUそのものの性能が反映される「Processor integer performance」のテスト結果。

iPhone 4→4Sでスコアが約2倍を記録しています。

iphone4s_benchmark_anandtech_1.jpg

下はグラフィクスの性能を競合機種と比較したもの。

iPhone 4→4Sで7.6倍ものスコアを出しており、iPad 2に迫る性能をもつことがわかります。

iPad 2とiPhone 4Sは同じ「Apple A5」チップを搭載していますが、iPad 2が1Ghzで駆動するのに対し、iPhone 4Sでは消費電力・発熱に配慮し800Mhz(おそらく可変)に抑えられているため、その分の違いが出たようです。

iphone4s_benchmark_anandtech_4.jpg

いずれにせよ、テスト結果をみる限り、iPhone 4Sは名前に「S」がついたマイナーアップデートではなく、全く別ものといっても過言ではないようです。

【リンク】iPhone 4Sをオンラインで購入