macrumors_iphone5_rendering_0.jpg

信憑性の高いアップル製品関連のリーク情報で知られる老舗サイトMacRumorsが、CGによる「iPhone 5 (仮称)」デザイン予想を公開しています。[Source: MacRumors ]

これらのCGは、iPhone 5用として出回っているケースデザイン図を元に、3Dでレンダリングしたもので、本体の厚みが下にいくにつれて薄くなり、エッジが丸められているのが特徴です。

おそらく先日お伝えしたケースなども、同じ図面を使っているのではないでしょうか。

macrumors_iphone5_rendering_1.jpg

MacRumorsは、横長になったホームボタンについて、スワイプによるアプリ切り替えなどのジェスチャー機能を追加するかもしれない、と予想しています。

macrumors_iphone5_rendering_2.jpg

画面サイズは、現在のアスペクト比を保ちつつ、3.5から4インチにサイズアップ。

デザインスペックでは、本体の上のスペースがかなり狭くなっていますが、iOS 5に追加される”スワイプダウン”のために空けてある可能性もあるとのこと。

macrumors_iphone5_rendering_3.jpg

バックパネルはiPod touch風にエッジをカーブさせ、iPadのようなアルミ製へと変更されると予想しています。

また、サウンド・オン/オフのスイッチは右側に移動するとの噂もありますが、どこにも描かれていないようです。

macrumors_iphone5_rendering_4.jpg

元になっているケースデザイン図の信憑性に疑問が残るものの、これまでみた次世代のiPhoneの予想デザインの中でも、最も現実的といえるかもしれません。

【関連記事】