slice3_iphone4_0.jpg

スペックコンピュータが発売した超極薄のiPhone 4用ケース『Pinlo Slice3 for iPhone 4』を購入、試してみました。

iPhone向けのケースは実に様々な種類がありますが、デザイン・ファッションを重視したものと、機能性を追求したもの2つに大別することができます。

後者のカテゴリーに属するこの『Pinlo Slice3 for iPhone 4』は、機能性の中でも、とくに「薄さと軽さ」を極限まで追求した製品です。

スペックによると、薄さは名刺くらいに紙と同じ「0.35mm」、重さは5円玉より少し軽い「3.5g」しかありません。

slice3_iphone4_1.jpg

カラーバリエーションは、「ブラック」「ホワイト」「ピンク」「ブルー」の4色がラインナップされています。

iPhone 4のには「ブラック」「ホワイト」が無難ですが、個性を出したいひとは「ブルー」「ピンク」という選択もアリかもしれません。

今回のレビュー用にはホワイトを購入しました。

slice3_iphone4_4.jpg

パッケージの内容は、ケース本体、液晶保護フィルム、クリーニングクロスという標準的なもの。

フィルムも一般的なもので、これといった特徴もないので詳細な記述は割愛します。

slice3_iphone4_2.jpg

ケースの素材はポリプロピレンを採用。

同タイプの薄型ケースの多くが堅いプラスチックを使っているのに対し、適度な柔軟性がある素材で、ヒビ割れなどが起きにくい印象です。

表面はさらさらとしたマット加工が施されており、小さなキズが付きにくく、また裸のiPhone 4よりも滑りにくくなります。

slice3_iphone4_3.jpg

実際に装着して驚いたのが、その精度の高さです。

着けた直後は、「サイズが合わない?」と思うほど微妙に小さく感じられましたが、本体との隙間の空気を抜くようになじませていくと、ピタっと張り付くようにフィットします。

シリコンのように自由に伸縮する素材ではありませんが、「わずかな伸び」を考慮した設計なのかもしれません。

slice3_iphone4_5.jpg

また、ケースのエッジが、iPhone 4側面の金属製のバンドの出っ張りをガッチリと掴んでいるので、簡単にはケースが外れるという心配は必要ありません。

むしろ、あまりに薄いため、着脱時に無理な力をかけないように注意する必要があります。

slice3_iphone4_10.jpg

サイドからみたところ。

ケースによる体積・厚さの増加がほとんどなく、形状もオリジナルのiPhone 4と変わりません。

slice3_iphone4_6.jpg

本体上からみたところ。

ヘッドフォン・マイク・スリープボタンの周囲を除いて完全にカバーされています。

また、カドの部分に注目すると、背面のパネルと金属バンドの凹凸までトレースされていることが分かります。

slice3_iphone4_7.jpg

唯一金属バンドが露出している本体下の部分。

ドックコネクタの周囲が大きく開口し、またケース自体も極めて薄いので、ほとんどのアクセサリーは干渉したとしても、そのまま使えものが多いはずです。

slice3_iphone4_8.jpg

もちろん、本体側面のサウンドON/OFF、音量ボタンの位置も正確です。

音量ボタンはケースに覆われていますが、操作性に問題はありません。

slice3_iphone4_9.jpg

ケースの側面に、控えめではありますがメーカーのロゴが記されています。

デザイン上、このようなケースにロゴは不要ですが、こだわって作ったメーカーの自信の現れでしょうか。

slice3_iphone4_11.jpg

薄さ・軽さを追求したケースのため、対衝撃性を期待すべきではなく、あくまでキズからの保護がメインの機能となります。

iPhoneをなるべくそのまま使いたい、という方におすすめできるケースだと思います。

製品名 Pinlo Slice3 for iPhone 4
販売 スペックコンピュータ
対応機種 iPhone 4
厚さ・重さ 0.35 (mm)・3.5 (g) 
ショップ アマゾン
参考価格 2,625円 (税込)