ipad2_white_rumor_0.jpg

iPadの次期モデル「iPad 2 (仮称)」のパーツとされる写真が公開されています。[source: 9to5mac ]

元記事によると、画像のパーツはアップル製品パーツを扱うサイトiFixYouriが中国・深圳から入手したもので、カメラ「iPad 2」のガラスパネルとデジタイザーとみられています。

注目されるのはベゼルの色が「ホワイト」であるという点。

iPhone 4では、様々な問題からいまだに発売されていないカラーだけに、にわかに信じ難いリークであることは認めざるとえません。

写真下はパーツを裏返したところ。デジタイザーのコネクターなどを確認できます。

ipad2_white_rumor_1.jpg

ホワイトモデルが未だ発売されていないiPhone 4には、サードパーティ製の「ホワイト化」パーツが多く流通しています。

今回の情報も、商魂たくましい業者が発売前にカスタマイズ・パーツを製造したもの、という可能性もゼロではありません。

その一方で、これまでの「iPad 2」に関する噂・情報をまとめると、

  • 前面・背面にカメラを搭載
  • 現行モデルよりも薄型化
  • GSM/CDMAの両方に対応
  • 大型のスピーカーを搭載
  • 解像度の変更はなし

と、少々インパクトに欠けるとの見方もあり、アップルが”いわくつき”のホワイトモデルを投入するとなれば、話題になることは間違いといえます。

すべては、3月2日(日本時間3日午前3時)からの発表で明らかになります。

【関連記事】アップルが「iPad 2」発表イベントを開催〜日本時間3月3日午前3時から