icon
icon
screen

Calcbot icon』は、エレガントで使い易いアプリの開発で評価が高いTapbotsの第4弾となるアプリです。

同社がこれまでに開発した3本のアプリは、体重管理、単位変換、コピーペーストといったありふれたものですが、ロボット風のギミックと考え尽くされたユーザーインターフェイスで、App Storeでは珍しいロングセラーとなっています。

今回Tapbotsがターゲットとしたのは、これもまた使用頻度が高い「計算機」です。

アップル純正の標準アプリと競合するわけですから、これまで以上に力を入れたに違いありません。

初回の起動時には機能のチュートリアルが表示されます。「ありがとうございます」で始まる謙虚さに、開発者の姿勢が伺えます。

また、このチュートリアルだけでなく、アプリ内のメニューやヘルプに至るまで、完全に日本語化(しかも正確)されている点も評価できます。

app_util_calcbot_1.jpg app_util_calcbot_2.jpg

計算機のキートップは、通常のテンキーと関数用の2つがあり、画面下をタップ、またはキートップを左右にフリックすることで切換えることができます。

数字の表示部は、上に入力中の数字と計算結果を表示し、その下に計算式を表示するという2段構成になっています。

計算の式が確認できるため、途中で分らなくなって入力し直す、といった失敗がありません。

また、デリートキーまたは表示部をスワイプすると最後の入力を取り消すことができ、ミスタイプでやり直し、というイライラもありません。

app_util_calcbot_3.jpg app_util_calcbot_4.jpg

「=(イコール)」を押して計算結果を出すと、その値と計算式が履歴に保存されます。

画面を下に向かってスワイプすると印字テープ風の表示が現れ、履歴から式や値をコピーしたり、メールで送信するといった再利用ができます。

app_util_calcbot_5.jpg app_util_calcbot_6.jpg

画面右下のボタンを押すと設定画面が表示され、サウンドのオン・オフ、通貨の四捨五入などが設定できます。

通貨の四捨五入をオンにすると、iPhone・iPadの言語環境に応じた通貨で表示されます。

app_util_calcbot_7.jpg app_util_calcbot_8.jpg

また今回は、iPhone・iPod touchとiPadの両方に対応したユニバーサル化に加え、iPhone
4の「Retinaディスプレイ」にも対応するなど、まったく抜け目がありません。

app_util_calcbot_9.jpg

デザインの美しさはもとより、私たちが普段どのように計算機を使っているかを分析し、よく使う機能に絞り込んでシンプルにまとめる技術は、毎度ながら感心させられます。

リリース記念として期間限定でセール中ですので、興味がある方は今のうちに購入しておくことをおすすめします。

タイトル
Calcbot icon
カテゴリ App Store > ユーティリティー
開発 Tapbots
対応機種 iPhone・iPod touch・iPad (ユニバーサル)
価格 170 円