simplism_outdoor_bag_for_ipad_0.jpg

Simplismから発売された、iPad用のショルダーバッグ『Outdoor Bag for iPad』を購入してみました。

iPad専用に設計されたバッグで、素材に防水性能の高いターポリンを採用。雨の多いこれからの季節に、安心してiPadを持ち歩くことができます。

カラーは今回購入した『オレンジ
』の他に、『ホワイト
』と『ブラック
』をラインナップ。

simplism_outdoor_bag_for_ipad_6.jpg

特徴をまとめると、

  • 耐久性・耐水性にすぐれたターポリン素材採用
  • 防水性を生かす圧着製法
  • 防水ジッパー付きポケット
  • 長さの調節ができるショルダーストラップ

などがあります。

ショルダーストラップは取り外しが可能で、自分の好きなものに付け替えることもできます

simplism_outdoor_bag_for_ipad_1.jpg

ターポリン」は、テントや横断幕などに使われる屋外用の素材で、耐水製に優れているという特徴があります。

その耐水性を生かすため、通常は縫い合わせる部分を「圧着」し、隙間からの水分の侵入を防ぐ構造になっているそうです。

simplism_outdoor_bag_for_ipad_2.jpg

フタの部分はジッパーを使わず、折り返してベルクロで留める方式を採用。

バッグを逆さまに持ち歩いたりしない限り、雨が侵入する心配はなさそうです。

simplism_outdoor_bag_for_ipad_3.jpg

iPad専用に設計されており、遊びもなくピタリと収まります。

TUNESHELL for iPad』(レビュー)(写真下)のような薄手のケースではで使用可能ですが、レザーケースなどの厚みのあるものとの併用は難しそうです。

また、内部に取り外しが可能なクッション性のあるスペーサーがあり、これを外した状態で、『Apple iPad Case』(レビュー)を装着したiPadをなんとか収納できました。(追記:メーカーはApple iPad Caseとの併用を推奨していないとのこと)

simplism_outdoor_bag_for_ipad_4.jpg

背面にはアクセサリー類を収納できるポケットがあり、防水機能のあるジッパーが装備されています。

あまり厚みのあるものは適しませんが、ヘッドフォンや『Pocket Wi-Fi』を入れるのに便利ではないでしょうか。

simplism_outdoor_bag_for_ipad_5.jpg

ストラップを含めた重さは約242g(実測)と軽量で、iPadを入れた状態で肩にかけても疲れません。

iPadはノートブックに比べて軽いとはいえ、それなりに重さがあるため次第に持ち歩くのが億劫になったりします。

このようなバックがひとつあると、iPadを持って外出する機会が増えそうです。

製品名 Outdoor Bag for iPad
販売 トリニティ
ショップ Amazon /
楽天
/ トリニティ オンライン
参考価格 3,980円 (税込)