twiike-0.jpg

Nike+で集めたランニングのデータを、自動的にTwitterに投稿できるサービス「Twiike」を試してみました。

Nike+」は、iPhone 3GS・第2世代iPod touchに標準で内蔵されているアプリで、別売りのセンサーをシューズに取り付けてランニング・ウォーキングをすると、ペース・距離といったトレーニング情報を記録し、Nikeのサイトにデータを保存することができます。(詳細なレビューはコチラ)

今回試したTwiikeは、あらかじめNikeのサイトおよびTwitterのアカウントを登録しておくことで、トレーニング情報を公開することができるサービスです。(アカウント情報提供によるリスクは各自ご判断ください)

Twiikeへのユーザー登録が終わると、過去のデータ全てがTwiikeへとアップロードされますが、Twitterへ投稿は新しく追加されたものから有効になります。

twiike-2.jpg

セットアップが完了すると、Nike+でトレーニングをした情報をNikeのサイトにアップロードする度に、距離・ペース・日付・タイムがTwitterに自動で投稿されます。

twiike-1.jpg

Twiikeに参加しているユーザーのデータは毎週集計され、走行距離のランキングが発表されます。なかには60Kmも走っている強者も。

twiike-3.jpg

ランニングのペースはグラフで表示され、最も早いペースまたは遅いペースだった地点を確認することができます。

twiike-4.jpg

ランニングやウォーキングは、ひとりでいつでも気軽行えるのが利点ですが、それが故に継続することが難しいスポーツでもあります。

Twiikeでトレーニング情報を共有することで、モチベーションのアップに繋げることができるかもしれません。