2008-06-10_0841.png

Macworldの基調講演を翌日に控えた現地時間5日、スティーブ・ジョブスが自身の健康状態についての声明を発表しています。[soruce: Apple]

昨年6月に行われたWWDCでかなり痩せてみえたことや、今年のMacworldの基調講演をフィル・シラーに譲るとの発表などで、スティーブの健康状態を心配する声がよく聞かれるようになっていました。

声明に中でスティーブは、体重減少の原因が”ホルモンバランス”であることが最近になって特定され、治療を始めたことを明らかにしています。

プライベートをあまり公にしたがらないスティーブですが、彼が経営から退くとの憶測や、株価・業績への影響も懸念されることから、今回の発表に踏み切ったのかもしれません。

以下、声明の全文とその訳です。(原文)

Letter from Apple CEO Steve Jobs

Dear Apple Community,

For the first time in a decade, I’m getting to spend the holiday season
with my family, rather than intensely preparing for a Macworld keynote.

Unfortunately, my decision to have Phil deliver the Macworld keynote
set off another flurry of rumors about my health, with some even
publishing stories of me on my deathbed.

アップル・コミュニティーの皆さんへ、

Macworldの基調講演の準備に追われること無く、家族と年末年始を過ごすことができたのは、実に十年振りのことです。

残念なことに、フィルに基調講演を任せたことが、私の健康状態についての憶測を呼び、中には私が死んだとする記事(訳注:誤報)を載せるところまで出てきました。

I’ve decided to share something very personal with the Apple community so that we can all relax and enjoy the show tomorrow.

As many of you know, I have been losing weight throughout 2008. The
reason has been a mystery to me and my doctors. A few weeks ago, I
decided that getting to the root cause of this and reversing it needed
to become my #1 priority.

そこで私は、明日の講演を皆さんがリラックスして楽しめるよう、プライベートなことについて発表することにしました。

皆さんもご存知のとおり、私は2008年に入ってから体重が減少し続けています。医師にも私にも原因は分かりませんでした。そこで私は、原因の特定と回復を最優先にすることを数週間前に決意しました。

Fortunately, after further testing, my doctors think they have found
the cause—a hormone imbalance that has been “robbing” me of the
proteins my body needs to be healthy. Sophisticated blood tests have
confirmed this diagnosis.

幸運なことに、更なる検査によって医師が原因と思われるものを見つけることができました。ホルモンバランスの乱れによって、健康の維持に必要なタンパク質を奪っていたようです。この検査結果は、高度な血液検査によって確かめることができました。

The remedy for this nutritional problem is relatively simple and
straightforward, and I’ve already begun treatment. But, just like I
didn’t lose this much weight and body mass in a week or a month, my
doctors expect it will take me until late this Spring to regain it. I
will continue as Apple’s CEO during my recovery.

この栄養に関する問題への処方はシンプルなもので、既に治療を始めています。しかしながら、体重の減少がゆっくりと進んだように、回復もまた時間を要し、元に戻るのは春の終わり頃になると医師は考えています。それまでの間も、私はAppleのCEOを継続します。

I have given more than my all to Apple for the past 11 years now. I
will be the first one to step up and tell our Board of Directors if I
can no longer continue to fulfill my duties as Apple’s CEO. I hope the
Apple community will support me in my recovery and know that I will
always put what is best for Apple first.

私はこの11年間、すべてをAppleに捧げてきました。CEOとしての役割を果たせなくなったら、誰よりも早く取締役会にそれを告げるでしょう。回復までの間、アップル・コミュニティーの皆さんのサポートと、私が常にAppleを最優先にすることへのご理解をお願いします。

So now I’ve said more than I wanted to say, and all that I am going to say, about this.

Steve

あまり公にしたくなかったのでこの辺で終わりにし、この件についてこれ以上は言わないことにします。

スティーブ