onseg_battery_0.jpg

2008年12月31日から店舗限定で先行発売された、iPhone専用ワンセグチューナー・ユニット『ワンセグチューナーTV&バッテリー
』を試してみました。

先行販売は表参道、渋谷など7つのソフトバンクモバイル店舗で行われ、1月上旬には全国のショップで購入できるようになるそうです。

今回レビューに使用した『TV&バッテリー
』は、1月2日に表参道店で9,840円(税込)で入手しました。

パッケージには、本体とケーブル(USB-USBmini)、取扱説明書が含まれています。

onseg_battery_2.jpg

本体はiPhone 3G(ブラック)を意識したと思われるデザインで、光沢のあるトップにメタリックの縁取りが施されています。

本体横に電源のスイッチ。その隣にある穴は、ユニットに問題が生じたときにピンを刺してリセットするためのものです。

onseg_battery_3.jpg

iPhoneへ電力を供給する際に使うUSBポート、USBminiのポートは付属のコードで本体内のバッテリーを充電するために使います。

onseg_battery_4.jpg

本体はiPhone 3Gを2周りほど小さくしたサイズ。重さは約80gで、持ってみると思った以上に軽くてコンパクトです。

onseg_battery_5.jpg

厚さは約15mm。iPhone 3Gよりも3mm程度の違いですが、サイズが小さいこともあって結構厚みがあるように感じられます。

onseg_battery_7.jpg

ワンセグの信号を受信するためアンテナは本体内に収納され、必要に応じて2段階に伸ばすことが可能です。

onseg_battery_8.jpg

アンテナの根元の部分で約90°折り曲げられるようになっています。

onseg_battery_9.jpg

実際に使用していところ。ワイヤレスで利用できるため、写真のように近づける必要はありません。

同じ部屋なら離れていも問題なく使えたので、電波状況の悪い場所では、チューナーを最も受信しやすい場所に置くとよいかもしれません。

onseg_battery_10.jpg

ワンセグチューナーとともに便利な機能が、外部電源として使えるバッテリー機能です。

iPhone 3Gに付属しているUSBケーブルを使って充電を行います。

容量は1,200mAh(3.7V)なので、iPhone 3Gをフル充電するほどではありません。

onseg_battery_11.jpg

ワンセグのデータはWi-Fiを使って送信されるため、『TV&バッテリー』を起動後、iPhone 3Gの「Wi-Fiネットワーク」設定で、”TVNBXXX…”というSSIDのネットワークを選択します。

このSSIDは本体裏にも記載されています。

onseg_battery_12.jpg

接続が完了したら、専用のアプリ『テレビ』をダウンロードして起動し、設定画面で地域を選択します。

ワンセグの電波を受信すると、チャンネル毎に放送中やあとに続く番組の情報が表示されます。

onseg_battery_13.jpg

ワンセグなので画質は決してよくありませんが、通常の視聴には問題ないレベルだと思います。

小さな字や動きの速い映像などで、見にくさを感じる程度でした。

onseg_battery_14.jpg

 ソフトバンクが無理矢理作った製品、と思われがちですが、機能も十分でデザインもよく、なかなかの出来ではないでしょうか。(欲を言えば、容量を1,800mAh位だと安心して使えます)

バッテリー単体で数千円することを思えば、チューナーも付いて1万円程度という価格はリーズナブルだと思います。

テレビを普段よく見るiPhoneユーザーの方は、買って後悔はしないのではないでしょうか。

製品名 ワンセグチューナーTV&バッテリー
販売元 SoftBank
容量 3.7V 1,200mAh
サイズ・重量 50 x 85 x 15 (mm) / 約80g