RunKeeper

2007年から始まった東京マラソンの影響なのか、ジョギング・ランニングを始めるひとが増えているそうです。

時間・場所の制約がなく、シューズさえあればできる手軽な運動、というところが人気の理由かもしれません。

RunKeeper

簡単に始められる一方で、”ただ走るだけ”では単調になりがちで、トレーニングを継続するのが難しいというところが、ジョギング・ランニングの特徴でもあります。

そんなランナーをサポートするのが、今日のアプリ『RunKeepericon』です。

iPhone 3G に内蔵されているGPSを使って走っている速度・距離・ペースをリアルタイムで表示します。

さらに日々のトレーニング履歴を『RunKeepericon』のサーバーに自動的に保存、ユーザ毎に用意されたやランニングコースの地図表示など、ランナーのトレーニングに必要なデータを管理することができます。

GPSを利用するため、アプリの起動時に以下のような確認が表示されるので、「OK」をタップします。

app_health_runkeepr_1.jpgトレーニング履歴の保存など、Webと連携させる機能があるため、ユーザー登録(無料)をします。

メールアドレス・任意のパスワードを入力すると、確認のメールが届いて登録が完了します。

Send Location Data”は、ON 状態(デフォルト)でトレーニング履歴がサーバーに保存されます。app_health_runkeepr_2.jpg

走り始める際に、画面したのメニューで、”Track Run”を選択、”Start”ボタンをタップします。

走行中は、GPSからの情報を使い、次の情報がリアルタイムで表示されます。

  • 時速
  • 経過時間
  • 1Kmあたりの所要時間
  • 走行距離
  • 1分ごとのペース(グラフ)

app_health_runkeepr_4.jpg

信号など、何らかの理由で情報の更新を止めたい場合は、”Pause”ボタンをタップします。”Resume”ボタンで再開することができます。

また、ジョギング・ランニング中に着信があった場合は、自動的に”Pause”状態になります。通話が終わったら、『RunKeepericon』を起動し、”Resume“で再開が可能です。

app_health_runkeepr_3.jpg

トレーニングが終了したら、”Stop”をタップします。履歴データを保存したい場合は、”Save Trip”をタップします。iPhone 本体への保存と共に、サーバーへもデータがアップロードされます。

app_health_runkeepr_5.jpg

RunKeepericon』の専用サイト(http://www.runkeeper.com)にログインし、トレーニングの履歴を確認することが出来ます。

走行距離や平均速度などの情報ともに、走ったコースをGoogleマップ上で表示します。(緑のピンがスタート地点、ゴール地点)

app_health_runkeepr_6.jpg走ったルート上には、1Km ごとにマーキングがされるので、普段走っているコースを理解するのに役立ちます。

app_health_runkeepr_7.jpg

iPhone の制約により、データを取得している間は常にアプリを起動した状態(スリープではなく)にしておく必要があるので注意が必要です。

また、今回テストで走ったコースは建物も少なく、ほぼ正確に地図上に表示されました。都内など、GPSの精度がよくない環境では、誤差が生じる可能性があります。

ランナーをターゲットにしたアプリですが、ウォーキングやサイクリングなど、他の用途でもいろいろと使えそうです。

走りながらペースを確認しつつ、好きな音楽をバックグラウンドで再生、という使い方もできるので、より楽しくトレーニングができるのではないでしょうか?

タイトル RunKeepericon
カテゴリ App Store > 健康&フィットネス
開発 Raizlabs Corpration
対応機種 iPhone
価格 1,200 円 レーティング ★★★★★