Ankerが、プロジェクター「Anker Nebula Cosmos Laser」を発売しました。

Anker初のレーザー光源を採用したプロジェクターで、主な特徴は次のとおり:

  • LEDより明るいレーザー光源
  • 2,400 ISOルーメンの圧倒的な明るさ
  • Dolbyオーディオ ステレオスピーカー
  • 最大150インチ
  • オートフォーカス・自動台形補正・スクリーンフィット
  • Android TV 10.0対応 (付属ドングル)
  • 7,000以上のアプリに対応
  • Googleアシスタント対応
  • 最長24ヶ月保証

従来のLED光源より明るいレーザー光源を採用したプロジェクターです。

カーテンを閉めたり部屋を暗くすることなく、明るい部屋でも利用することが可能。

最大150インチの投影サイズに対応し、無印のモデルはフルHD、上位モデルは4Kでも出力に対応しています。

内蔵スピーカーは出力20W、4Kモデルは30Wに対応し、Dolbyオーディオ・Sound Dimension(仮想音像)により迫力ある立体音響を提供します。

オートフォーカス・自動台形補正・スクリーンフィット機能により、画面設定の手間を削減。

強力な光源から目を守る「アイガード」を搭載し、安全性にも配慮しています。

本体とは別に、Android TV 10.0を搭載したドングルが付属。

メジャーなコンテンツ配信・サブスクはもちろん、7,000絵以上のアプリが利用できます。

フルHDモデルの直販価格は税込169,900円。4Kモデルは税込249,900円となっています。

また、あまり知られていませんが、「Amazonギフトチャージタイプ」を現金でチャージしておくと最大2.5%のポイントが付与されます。

Amazonでよく買い物をする方は、「使わないと損」なサービスですのでお忘れなく。