Appleが、「AirPods Pro の修理プログラム」の適用期限を1年間延長していたことが判明しました。

この修理プログラムは、2020年10月以前に製造されたAirPods Proが対象で、以下のような症状が起きた場合に無償で交換するものです:

  • AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど

プログラム開始当初は、修理プログラムの適用期間を「最初の小売販売日から2年」としていましたが、現在は「最初の小売販売日から3年」へと変更されています。

これは、AirPods Proの発売日(2019年10月30日)からまもなく2年が経過するため、未だ交換が終了していないユーザーを救済するのが目的と思われます。

対象となるAirPods Proをお持ちの方は、Appleのサポートページをご確認ください。

【リンク】AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム