Appleが未発表の製品「AirTag (仮称)」を、誤ってサポートビデオの中で自らリークしてしまったようです。

Appleosophyの記事によると、リークしてしまったのは、Appleによるサポートビデオ「How to Erase Your iPhone (iPhoneを消去する方法)」の中。

手順の解説の途中「Find My iPhone (iPhoneを探す)」の画面で、「AirTag」が誤って登場してしまっています。

問題の部分がこちら。

「AirTag (もはや仮称ではなく確定?)」は、 紛失したくないアイテムに取り付けて位置情報を確認できるようにするデバイスで、かねてからAppleによる開発が噂されています。

iPhone 11が対応しているUWB(Ultra Wide Band)を活用することで5cm〜10cmという精度で測位できるとされ、既に他社によって商品化されているBluetooth LEを使ったタグ(精度数メートル・下記参照)に比べてより正確に位置を確認できると期待されています。

今年前半の発表を予想するアナリストも存在し、また今回のリークのように社内でのテストも進んでいるようなので、開発が最終段階にあることは間違いなさそうです。