Appleが、ソフトウェア・アップデート「iOS 9.3.6」および「iOS 10.3.4」の配信を開始しました。

アップデートの対象は、2012年以前に発売されたiPhone・iPadの一部のモデルです:

  • iOS 10.3.4
    • iPhone 5
    • iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular
  • iOS 9.3.6
    • iPhone 4s
    • iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular
    • iPad 2 Wi-Fi + Cellular
    • iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular

これらのアップデートは、2019年11月3日以降に発生するGPSによる位置情報と日時の問題を修正するためとのこと。

適用しなかった場合、2019年11月3日以降GPSの正確な位置情報を維持できなくなることがあり、正確な日付情報が必要となる機能(iCloud との同期やメールのフェッチ等)が正常に動作しなくなる可能性があるとのこと。

今年4月に、GPSの信号に含まれる「週番号」が10ビット(0〜1023)であることに起因する「週数ロールオーバー問題」が話題となりました。

半年前に終わったはずの問題ですが、一部のクアルコム製チップセットでは週数にオフセットが使われているらしく、今回のアップデートはその影響で11月3日以降となった模様です(正確にはUTC 2019年11月2日 23:59:42)。

対象のデバイスをお使いの方は、アップデートの適用をお忘れなく。

【リンク】Apple – iPhone や iPad のソフトウェアをアップデートして位置情報や日時の問題を回避する