昨日発表された「iPhone XR」では、LINEで既読をつけずにトークを見る便利技が使えないようです

【追記】iPhone XRは、3D Touchの代わりに「Haptic Touch」という代替機能があり、長押しでシミュレートするようです。

iPhoneでは、画面を押し込む「3D Touch」機能を使って、既読をつけることなくLINEのトーク内容を確認することができます。

すぐに返事ができない、または返事をしたくない時に便利な技として、iPhoneユーザーに浸透していると思われます。

この「3D Touch」は、iPhone 6s以降すべてのモデル(SEを除く)に搭載されてきましたが、なぜか今回の発表された「iPhone XR」では省かれています。

iPhone XRは、同時に発表された「XS」「XS Max」と比較して遜色ないスペックながら、ディスプレイやカメラでコストを削減したモデルです。

コスパが魅力的なモデルだけに、購入を検討している方も少なくないと思いますが、3D TouchでLINEの既読をつけない技を使っている人にとっては、残念な仕様といえるかもしれません。

【追記】iPhone XRは、3D Touchの代わりに「Haptic Touch」という代替機能があり、長押しでシミュレートするようなので、これまでどおり「技」が使える可能性があります。

iPhone XRの予約は10月19日(金)から、3D Touchを搭載しているiPhone XS・XS Maxの予約は9月14日(金)から始ります。

料金プラン・予約方法の詳細は、各通信会社のサイトでどうぞ: