Appleが、バッテリーが膨張した「Apple Watch Series 2 (42mm)」の無償修理を開始するようです。

MacRumorsによると、AppleとApple認定サービスプロバイダで共有するサイト内で、「Apple Watch Series 2 (42mm)」に関する内部文書を配布したとのこと。

文書によると、同モデルの一部が一定の条件下で、電源が入らなかったりバッテリーが膨張する場合があり、該当する端末は購入日から3年まで無償修理を行うそうです。

対象となるデバイスは、

  • Apple Watch Series 2
  • 42 mm
  • Sport・Edition・Nike+・Hermès

が条件で、38mm・初代Apple Watch・Series 1・Series 3、は含まれてない、としています。

現時点で確認されているのは、アメリカ・カナダ・メキシコ・ヨーロッパのみですが、おそらくそれ以外の国も対象となるとのこと。

一般向けに公開されている情報ではなく、必ず対応して貰えるという保証はありませんが、該当するApple Watch Series 2を持っている方は、Appleのサポートに相談してみる価値がありそうです。