アップルのスペシャルイベントで、2016年10月下旬よりApple Payが国内で開始されることが正式に発表されました。

Apple Payは、アップルによる決済サービスで、iPhoneやApple Watchをかざすだけで、事前に登録したクレジットカードから支払いができます。

https://youtu.be/2eUIr-sn570

国内でのサービス開始にあたり、アップルは新しいiPhone 7・iPhone 7Plus・Apple Watch Series 2にフェリカのチップを搭載。

ハードウェアをできる限りグローバルで統一することで知られるアップルですが、日本で広く普及しているフェリカへの対応は不可避と考えたようです。

国内でのサービス開始は、JR東日本がパートナーとなっているようで、サイトの説明・紹介動画などにはSUICAが使われています。SUICAのデバイスへの登録はカードをかざして情報を転送するだけで済み、登録したクレジットカードからSUICAへのチャージもできます。

apple_pay_in_japan_3

Apple Payを国内で利用できるのは、現時点ではドコモの「iD」・クイックペイ・SUICAの表示があるレジや端末に限定されます。

フェリカに対応しているので、今後ほかの交通系カードにも対応が広がると思われます。
apple_pay_in_japan_4iPhone 7・7 Plusには数々の新機能が盛り込まれていますが、国内のユーザーにとっては待望の「おサイフ」機能の搭載が一番のニュースかもしれません。

Apple Payは、10月下旬に配信されるソフトウェア・アップデートで提供される予定となっています。