アップルが、ソフトウェア・アップデート「iOS 9.3.5」の配信を開始しました。

リリースノートには、

iOS 9.3.5はiPhoneまたはiPadの重要なセキュリティの問題を修正/改善します。このアップデートを全てのユーザーに推奨します。

とあり、機能面の改善はなく、セキュリティ関連のアップデートのみのようです。

アップルが公開しているサポート文書によると、このアップデートには3つの脆弱性への修正が含まれているとのこと。

New York Timesの記事によると、これらの脆弱性はかなり深刻で、これを利用しているとみられるマルウェアにより、遠隔でターゲットのiOSデバイスからメッセージ・Eメール・連絡先・パスワード・位置情報などを抜き出すことが可能になるとのこと。

iOSのアップデートは稀に問題を起こすことがありますが、重要なセキュリティの問題が修正されているため、できる限り早く適用することをお勧めします。