「iOS 10」では、カメラで撮影した画像をRAWデータ形式で保存できるようです。

Cult Of Macの記事によると、iOS 10のリリース・ノートに、カメラのRAWデータ形式への対応が記されているとのこと。

” … The new AVCapturePhotoOutput class provides a unified pipeline for all photography workflows, enabling more sophisticated control and monitoring of the entire capture process and including support for new features such as Live Photos and RAW format capture…

また、WWDCのセッションの中で、RAWデータ形式は次のモデルで対応することが明らかになったようです:

  • iPhone 6s,
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE,
  • 9.7-inch iPad Pro

RAWデータ形式(RAW画像)は、JPEG形式へ変換・圧縮を行う前のデータで、デジタル一眼レフカメラなどでサポートされています。

現像前の文字通りRAW(=生/未処理)のデータのため、自ら補正や加工を行うユーザーとって有益ですが、ファイルサイズが大きくなるなどのデメリットもあります。

そのため、標準のカメラアプリでは、出力をJPEG/RAWから選択できるようになる模様。

iPhone・iPadのカメラを本格的に使いたいユーザーとっては、朗報といえそうです。