グーグルが、アップルに対し10億ドルを支払ったと報じられています。

Bloombergの記事によると、グーグルが2014年にアップルに対し10億ドルを支払ったことが、オラクルのグーグルに対する著作権の裁判において明らかになったとのこと。

この資金は、iOSの検索エンジンにグーグルがデフォルトとして設定されていることに対する対価とされ、iOSデバイスからの流入によるグーグルの広告収益の一部をアップルへ支払う、という契約になっていると考えられます。

google_pays_1billion_1

10億ドルは、2014年の平均為替レートで約1,050億円。

アップルのビジネス全体からみると少ない額ですが、とくに何もせずに本業以外で得ていると考えると驚くべき金額ではないでしょうか。

今回判明したのは2014年についてですが、毎年10億ドル払っているとの情報はこれまでにもあり、両社間の継続的な契約であることが伺えます。

額もさることながら、アップルのCEO、ティム・クック氏は、GoogleやFacebookといった広告からの収益で成り立つ企業に対し、ユーザーの情報(プライバシー)をマネタイズするのは間違っている、と非難しているだけに、今後の動向が注目されます。