iFixitが、発売されたばかりの「iPad Pro」の分解レポートを公開しています。

まずは巨大なディスプレイユニットを外すところから。

他のiPadシリーズと同様に接着剤が使われているので、温めてから剥がします。

メインボードは中央に配置されており、ディスプレイユニットとのコネクターも本体の中央で接続されています。

ifixit_ipad_pro_teardown_1

ディスプレイの裏側には、DP695というタイミング・コントローラーがあります。

iPad Proの「バリアブル・リフレッシュレート」(静止しているコンテツを感知し、1秒間に60回のリフレッシュレートを30回に下げる機能)を司るチップとのこと。

ifixit_ipad_pro_teardown_2

大型のバッテリーはiPadシリーズに共通した特徴ですが、iPad Proは4つあるスピーカーに大きなスペースを割いている点が異なります。

ifixit_ipad_pro_teardown_3

スピーカーのドライバーを取り出しているところ。

興味深いのは、ドライバーそのものよりも、その後ろ控える巨大なレゾナンスチャンバー(共鳴器)です。

ifixit_ipad_pro_teardown_4

共鳴器は本体(バックパネル)と一体化しており、迫力のあるサウンドを生み出しているようです。

ifixit_ipad_pro_teardown_5

メインボードのレイアウト。主なチップは次のようになっています。

赤:Apple APL1021 A9X 64-bit Processor
橙:SK Hynix H9HCNNNBTUMLNR-NLH 16 LPDDR4 RAM (2 GB × 2 = 4 GB total)
黄:Toshiba THGBX5G8D4KLDXG 32 GB NAND Flash
水色:NXP 65V10 NFC Controller

ifixit_ipad_pro_teardown_6

バッテリーは引っ張って剥がすストリップを採用。

接着剤よりもバッテリーの交換作業の手間が省けます。

ifixit_ipad_pro_teardown_7

2つのバッテリーは下のように連結しているようです。

容量は3.77V 10307 mAh (38.8Wh)で、iPad Air 2の4割増になる計算です。

 

ifixit_ipad_pro_teardown_8

最新技術が盛りだくさんな割に、分解してみると部品(モジュール)点数が少ないような気もします。

ifixit_ipad_pro_teardown_9

分解レポート恒例の、修理のしやすさの指標は、10段階中「3」となっています。

詳細およびその他の画像はiFixitのサイトをどうぞ。

【リンク】iFixit – iPad Pro Teardown