米グーグルが、YouTubeの有料会員サービス「YouTube Red」を発表

10月28日より米国で先行して開始されます。

「YouTube Red」は、動画配信サービス「YouTube」の有料会員サービスで、

  • 広告の非表示
  • 動画のオフライン再生(ダウンロードして再生)
  • バックグラウンド再生
  • YouTubeの独自製作動画の視聴

などのプレミアム機能が使えるようになります。

価格は$9.99(約1.200円)/月で、iOSユーザーはApp Storeの手数料を上乗せした$12.99(約1,560円)/月の課金になるとのこと(TechCrunch)。

収益は広告と同じように、再生回数等に応じてコンテンツホルダーとシェアする形式になると思われます。

また、これにあわせて「YouTube Music」という音楽の発見・再生に特化したアプリもリリースされます。

YouTubeでは公式・非公式を含む膨大なミュージックビデオが配信されており、広告が表示されない「YouTube Red」は、単なる動画配信だけでなく、定額制音楽配信サービスのSpotify・Apple Musicに対抗するライバル、という側面を併せ持つことになりそうです。