iPhone 6s・6s Plusの新機能「Live Photos」で撮影した画像は、ファイルサイズが静止画の約2倍となるそうです。

「Live Photos」は、静止画に動きを加える機能で、アップルののサイトでは、次のように紹介されています。

スチル写真は、時間を止めて一瞬をとらえます。Live Photosは、その一瞬をいきいきとした動きのある思い出に変えます。美しい12メガピクセルの写真を真ん中にして、撮った一瞬の前後の瞬間も動きとサウンドと一緒にとらえる。それがLive Photosです。

アップルによるデモの動画がこちら。

先日のイベントでは、「Live Photos」の撮影はこれまでどおりシャッターを押すだけで、前後1.5秒ずつ、合計3秒間の映像と音声を自動的に保存するとの説明されています。

MacRumorsが掲載した情報によると、この「Live Photos」機能で撮影した画像(映像?)ファイルは、12MPカメラの静止画の約2倍のサイズになるとのこと。

iPhone 6s・6s Plusは、デフォルトで「Live Photos」がオンになっており、そのまま写真を大量に撮影すると、思ったよりも容量を使っていた、ということもありそうです。

iphone6s_au_docomo_softbank_reserve_1

「Live Photos」の閲覧は、アップル製のデバイスが対応するほか、APIも用意されています。実際Facebookも今年中の対応が決まっているとのこと。

この新しいフォーマットが普及するかどうかは不明ですが、それなりに容量を使っていることは、覚えておいて損はなさそうです。

iPhone 6s・6s Plusの予約は、9月12日16時01分から。予約の詳細は各キャリアの公式サイトからどうぞ:
・NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)