iOS 9で、時計がズレるという問題が一部で発生しているようです。

読者の方からの情報で気づいたのですが、iOS 9(または9.0.1)のiPhone・iPad・iPod touchで、内蔵時計がズレる場合があるようです。

通常は、iPhoneは携帯の基地局、iPad Wi-FiモデルやiPod touchはインターネット上のサーバーと同期し、正確な時刻を刻む仕組みになっています。

ところがiOS 9では、なんらかの理由で時刻を合わせる機能が働かないことがあり、徐々に時間がズレていくようです。

時計のズレを確認する方法

端末の時計がどのくらいズレているか(もしくは合っているか)は、情報通信研究機構の日本標準時のサイトで確認できます。

ios9_clock_problem_1

問題がない場合は、地域標準時との差の欄に「合っています」と表示。

ズレがある場合は、上記のようにズレている間隔と「進んでいます」または「遅れています」が、表示されます(例:「26.9秒 進んでいます」)

症状がみられる端末では、1日あたり3〜4秒のズレが累積していきまた遅れるのではなく進む傾向にあるようです。

iOS 9で時計が狂う問題の対処法について

結論からいうと、この問題が発生した場合、現状では解決する(根本から直す)方法は報告されていません(見つけた方はご連絡ください)。

アップルのサポートに問い合わせたところ、端末の再起動・設定のリセット・バックアップおよび復元を提案されました。

このうち一定の効果がみられたのは「バックアップと復元」で、一時的にズレが解消しましたが、その後また徐々にズレはじめているため、根本的な解決方法ではないようです。

ズレが大きい場合は、設定の「日付と時刻」>「自動設定」をオフにして、手動で時刻を合わせるという方法もありますが、これも徐々にズレていく心配があります。

アップルのサポートによると、同様の問い合わせは他にもあったそうで、問題として把握しているようでした。

iOSの不具合による現象であれば、早々にiOS 9.0.2のリリースがあるかもしれません。

原因および解決方法・回避方法が判明次第、お知らせしていく予定です。


iPhone 6s・6s Plusの購入・機種変更・MNPは、各携帯会社の公式サイトからどうぞ。
NTTドコモ オンライン(公式サイト)
・au オンライン (公式サイト)
・SoftBank オンライン (公式サイト)