Spigen(シュピゲン)のスマートフォン用車載ホルダー『Spigen Car Mount Stealth』を購入してみました。

この車載ホルダーは、大きなクリップのような構造でスマーフォンを挟んで固定する、という斬新な仕組みを採用しています。

spigen_car_mount_stealth_review_01

「くちばし」にあたる部分に溝があり、スマーフォンを上下から挟んで固定します。

下側は溝が2つあり、傾き(チルト)を調節することができます。

spigen_car_mount_stealth_review_02

また、上側の先端が少し出ているのがミソで、これにより装着する際に持ち上げ易く、片手での装着が可能になります。

下はメーカーによるデモ動画からの抜粋。

正面からみたところ。

幾何学的なデザインで、ぱっと見にはスマホのホルダーという感じはしません。

spigen_car_mount_stealth_review_03

底面には大きなシリコン製のジェルがあり、ダッシュボードに強力に密着します。

接着面に凹凸やカーブが多少あっても問題なく固定できると思います。

spigen_car_mount_stealth_review_04

「上あご」の内側にある柔らかなパッドは、滑り止めとガタ付き防止の役割を果たしているようです。

spigen_car_mount_stealth_review_05

iPhone 6(4.7インチ)を挟んでみたところ。

6インチまで対応しているので、iPhone 6 Plus(5.5インチ)も利用できます。

但し挟めるのは横方向のみで、縦に固定することはできません。

spigen_car_mount_stealth_review_06

ダッシュボードに固定する際は、事前に汚れ・ホコリなどを取り除き、付属のアルコール・クリーナーで拭いておきます。

spigen_car_mount_stealth_review_00

筆者の車のダッシュボードは、緩やかカーブと「シボ加工」が施してありますが、問題なく固定できたようです。

ジェルの耐久性が試せていませんが、水で流して再利用可能とあるので、弱くなってきたら外して着け直してみようと思います。

spigen_car_mount_stealth_review_07

iPhone 6 Plusでもしっかりと挟むことができました。

機種によっては、音量などのボタンをホルダーで押してしまうことがありますが、中心から少しずらして挟めばOKです。

調節が一切不要でガッチリと固定されているので、片手で着脱できるのが便利です。

spigen_car_mount_stealth_review_10

使ってみて最も気に入った点は、使っていない状態がとてもスッキリしていること。

一般的な車載ホルダー(左)と比べるとその差は歴然です。

spigen_car_mount_stealth_review_09

筆者が利用しているカーナビは型が古く、機能が少ない割に地図の更新など費用がかさむため、最近はもっぱら無料のナビアプリを利用するようになりました。

スマートフォンの着脱が簡単で、かつ目立ち過ぎないので、今後はこのホルダーを使ってみようと思います。