株式会社PODが、iPhoneのケースにスタンガンを内蔵した製品「Yellow Jacket iPhone 5/5s Case」のオンライン販売を開始しています。

「Yellow Jacket」は、クラウドファンディング・Indiegogoから生まれた製品で、通常はiPhoneの保護ケース・バッテリーとして、いざという時にはスタンガンとして護身に役立てることができるというもの。

保護ケースとスタンガンの機能が別れたセパレートタイプで、必要な時だけ護身機能を追加できます。

 

yellow_jacket_iphone_stungun_case_1

ケース上部に金属の端子があり、電源をオンにすると95万ボルトの電流が端子間で放電する仕組み。

誤動作を防ぐため3ステップの安全装置が付いているとのこと。

 

yellow_jacket_iphone_stungun_case_2

暴漢などに襲われた際、端子を体に押し当てて電源をオンにすると、相手の動きを一時的(約2分間)に止めることができるそうです。

スタンガンが放電している様子はかなり迫力があるので、それを見せるだけでも効果があるかもしれません。

yellow_jacket_iphone_stungun_case_3
The Verge

スタンガンの販売に関して国内では法的な規制がなく、また所持についても条例で禁止している一部自治体を除いて制限されていないようです。

とはいえかなり強力な製品なので、販売・所持については賛否両論ありそうです。

価格は19,800円(税別)。販売は18歳以上が対象とのこと。

【リンク】Yellow Jacket iPhone 5/5s Case