「Apple Watch」を購入することができたので、開封レポートをお届けします。

このApple Watchは、ソフトバンク銀座で予約しておいたもの。

前日に入荷の連絡あり、店舗まで受取りに行ってきました。

apple_watch_42mm_white_sport_review02

モデルは「Apple Watch 42mm ステンレススチールケース ホワイトスポーツバンド」です。

apple_watch_42mm_white_sport_review01

真っ白でシンプルな箱ながら、「Apple Watch」がエンボス加工されており、なかなか高級感がある印象です。

apple_watch_42mm_white_sport_review03

内箱は丸みを帯びたポリカーボネート(?)製。

apple_watch_42mm_white_sport_review04

フタを開けると、下のように収納されています。

箱の内側に溝が彫ってあり、上下からサンドイッチして固定する仕組みになっています。

apple_watch_42mm_white_sport_review05

ケースに付いていたフィルムを剥がしたところ。

鏡面仕上げのステンレスケースは、想像していた以上に美しく感じます。

しかしながら、使い始めれば指紋やキズだらけになるはずなので、見とれてしまうのは最初だけかもしれません。

apple_watch_42mm_white_sport_review06

デジタルクラウンは、写真でみたよりも実物の方が小いような気がしました。

個人的には、アルミケースのデジタルクラウンの方がデザインがよいと思います。

apple_watch_42mm_white_sport_review07

同梱されている、充電ケーブルとACアダプター。

apple_watch_42mm_white_sport_review08

充電ケーブルは、長さが2mもあります。

iPhone等に付属しているLightningケーブルは約1mなので、その2倍もあります。

apple_watch_42mm_white_sport_review09

バンドは下半分(穴の開いた方)のみ2本同梱されています。

サポートに電話して確認した際には、上下2セット(合計4ピース)との説明を受けたのですが、3ピースでした。

apple_watch_42mm_white_sport_review10

診断用ポート(?)との噂のバンド取付け口にある端子は、カバーで覆われていました。

apple_watch_42mm_white_sport_review11

実際に腕に装着したところ。

腕が細い筆者にはやや大きいのですが、38mmでは小さ過ぎるので、このサイズに落ち着きました。

apple_watch_42mm_white_sport_review12

電源を入れると、言語等の初期設定が始まり、iPhoneとのペアリングを促されます。

apple_watch_42mm_white_sport_review13

ペアリングは、iOS 8.2以降の「Apple Watch」アプリで行いますが、面白いがカメラを使った方法。

Apple Watch側には、QRコードではなく、モヤモヤとした球体のアニメーションが表示され、それをiPhoneのカメラで読み込む仕組みになっています。

apple_watch_42mm_white_sport_review14

ペアリング完了後に表示されるグラフィックス。

apple_watch_42mm_white_sport_review15

ペアリングが成功すると、同期が始まります。

iPhone内のApple Watch対応アプリを自動で読み込むか、後から手動で追加するかを選択できます。

apple_watch_42mm_white_sport_review16

付属のチャージケーブルで充電しているところ。

なんとなく不格好で、やはりスタンドが欲しくなります。

apple_watch_42mm_white_sport_review17

充電端子はマグネット式なので、このように縦にしてもくっついています。

apple_watch_42mm_white_sport_review18

スポーツバンドを選択しましたが、金属や皮のバンドだと、印象が全く変わるのも面白いところです。

使い始めたばかりで、付き合い方をまだイメージできていませんが、しばらくはあれこれと楽しめそうです。