アップルが、次期Apple TVを今年のWWDCで発表すると報じられています。

BuzzFeedがアップルの計画に詳しいソースか入手したとする情報によると、第4世代となるこのApple TVは:

  • Apple A8チップ(またはその別バージョン)を搭載
  • ソフトウェア開発キット(SDK)を提供
  • App Store
  • Siriのサポート
  • 現行の8GBより大きい容量
  • HomeKitへの対応
  • 新しいリモコン

という内容になるとのこと。

画像はMartin Hajek氏によるコンセプトCG。

apple_tv_4th_rumor_3

Apple TVの現行モデル(第3世代)の発売は2012年3月で、既に3年が経過しています。

次期Appleの噂はこれまでにも何度かありましたが、 先日Apple TVの価格が改訂されたことで、より現実味を帯びてきた感があります。

【関連記事】アップル、「Apple TV」を9,800円から8,200円へ値下げ

apple_tv_4th_rumor_2

さらに、現在のアップルのサイトには「¥8,200(税別から。」との記述もあり、新モデルの登場をさりげなく予言しているのかもしれません。

apple_tv_4th_rumor_4

Apple TV上でSDKおよびApp Storeが解禁になるとすると、WWDCがその発表の場としては最適といえます。

通例では、WWDCは6月にサンフランシスコで開催されます。

【リンク】Apple – Apple TV