Googleが、iOS向けのアプリ『Chrome Remote Desktop App Store』を公開しました。

「Chrome Remote Desktop」は、Windows・Mac OS・Linuxのデスクトップにリモートでアクセスできる機能です。

Android版は昨年4月にリリースされており、iOS版は約9ヶ月遅れての公開となります。

利用するには、事前にデスクトップ側での設定が必要。

「Chrome リモートデスクトップ」アプリをインストールし、アクセスの許可を与えます。

chrome_remote_desktop_ios_1

次に遠隔操作のタイプを、双方向で画面共有をする「リモートサポート」または一方からのみ操作する「マイ パソコン」から選択。

外出先からiOSデバイスでデスクトップを操作する場合は「マイ パソコン」を選択します。

また、アクセス時のパスワードに相当する「PINコード」も設定しておきます。

chrome_remote_desktop_ios_2

次にiOSデバイス側の操作です。

デスクトップおよびiOSデバイスはGoogleアカウントで紐付けられるため、とくに何もしなくてもホスト(操作される側)のデスクトップがリスト表示されます。

アクセスしたいデスクトップ名を選択し、PINコードを入力するだけでログインできます。

chrome_remote_desktop_ios_4

表示されたデスクトップは拡大縮小に対応し、マウスとキーボードで操作することができます。

若干の遅延はあるものの、携帯ネットワークでも問題なく操作できました。

chrome_remote_desktop_ios_3

外出先から画面を監視やファイルの操作などができ、シチュエーションによっては重宝するアプリではないでしょうか。

Chrome Remote Desktop App Store
ユーティリティ:9.0 MB
価格:無料
開発:Google, Inc.