アップルが、ソフトウェア・アップデート「iOS 8.1.3」の配信を開始しています。

リリースノートによると、このアップデートには、以下のバグ修正、安定性の向上およびパフォーマンスの改善が含まれます:

  • ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
  • 一部のユーザが「メッセージ」および「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
  • SpotlightでAppの結果が表示されない問題に対処
  • iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
  • 統一学力テスト用の構成オプションを追加
  • このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
    http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

バグの修正が主な目的のようですが、セキュリティ関連の修正も含んいでいる可能性があるので、ネット等で不具合の発生がないことを確認しつつ、できる限り早い適用をおすすめします。