Instagramによるタイムラプス撮影カメラ『Hyperlapse from Instagram App Store』に、機能拡張や微調整ができる隠しメニューがあるそうです。

Hyperlapse from Instagram App Store』は、動画を撮影し、それを加工して時間を縮めたタイムラプス動画を作ることができる無料のアプリです。

開発元のInstagramによるデモ動画がこちら。

シンプルなUIで簡単に使えるのがウリですが、隠しメニューにアクセスすることで、機能を拡張したりより細かな設定が可能になります。

 

隠しメニューは「4本指で4回タップ」

隠しメニューを開くには、撮影をスタンバイしている状態で、画面を「4本指で4回タップ」します。

コツを掴むまでは、何度かトライしないと成功しないかもしれません。

上手くいくと、下のような「Hyperlapse “Labs”」という画面が開きます。

hidden_menu_in_hyperlapase_1

主な設定項目は次の通り(カッコ内はデフォルト値):

  • Resolution:1080pモードへの切替え (720p)
  • Frame rate:24fpsモードへの切替え (30fps)
  • Background Save+ LIbrary:手ブレ補正前の動画をカメラロールに保存 (Disabled)
  • Hyperlapse EXTREME:24x, 40xモードの追加(Disabled)

hidden_menu_in_hyperlapase_2

画面をスクロールしていくと、さらに設定項目が並んでいますが、理解できないものは触らない方がよいかもしれません。(変更する場合はデフォルト値のメモを忘れずに)

iOS 8の標準カメラにもタイムラプス撮影機能が搭載されていますが、Hyperlapseには、

  • 短縮倍率を指定できる
  • 強力な手ブレ補正機能で三脚が不要

というメリットがあります。

隠しメニューを使いこなせば自由度が高まり、タイムラプス撮影が捗りそうです。

【関連記事】Instagramの三脚不要タイムラプス・カメラ「Hyperlapse」を使いこなす3つのヒント

Hyperlapse from Instagram App Store
写真/ビデオ:9.2 MB
価格:無料
開発:Instagram, Inc.