アップルが、ソフトウェアアップデート「iOS 8.1」の配信を開始しています。

プレスリリースによる変更点・機能追加は次のとおり:

  • “写真”Appの新機能、機能改善、修正
    • iCloudフォトライブラリをベータサービスとして追加
    • “写真”Appに“カメラロール”アルバムおよび“自分のフォトストリーム”アルバムを追加(iCloudフォトライブラリを使用していないとき)
    • タイムラプスビデオの撮影時に空き容量が少ないときは事前に通知を表示
  • “メッセージ”Appの新機能、機能改善、修正
    • iPhoneユーザが自分のiPadやMacからSMSおよびMMSテキストメッセージを送受信できる機能を追加
    • 検索結果が表示されないことがある問題を修正
    • 開封済みメッセージが開封済みとして処理されない問題を修正
    • グループメッセージの問題を修正
  • 一部のベースステーションに接続した際に発生するWi-Fiパフォーマンスの問題を修正
  • Bluetoothハンズフリーデバイスに接続できない問題を修
  • 画面の回転が機能しなくなる問題を修正
  • モバイルデータ通信で2G、3G、またはLTEネットワークを選択できるオプションを追加
  • Safariでビデオが再生されないことがある問題を修正
  • PassbookパスのAirDropサポートを追加
  • Siriとは別にキーボードの設定で音声入力を有効にするオプションを追加
  • HealthKit対応Appによるバックグラウンドでのデータアクセス機能を追加
  • アクセシビリティの機能改善と修正
    • アクセスガイドが正しく機能しない問題を修正
    • 他社製キーボードでVoiceOverが機能しない問題を修正
    • iPhone 6およびiPhone 6 PlusでMFi補聴器の使用時の安定性と音質を向上
    • VoiceOverの音声ダイヤルで別の番号をダイヤルするまで音が鳴り続ける問題を修正
    • VoiceOverで手書き入力、Bluetoothキーボード、点字ディスプレイを使用するときの信頼性を向上
  • iOSアップデートにOS Xキャッシュサーバを使用できない問題を修正

一部の機能は、国や地域によっては利用できないことがあります。
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

米国で先行して開始されるアップルの決済システム「Apple Pay」の追加、および不具合(バグ)の修正が中心ですが、脆弱性の修正が含まれている可能性もあります。

ネット上で不具合の情報を収集し、問題がないことを確認した上で、できる限り早く適用することをおすすめします。