アップルが、ソフトウェア・アップデート「iOS 8.0.1」の配信を開始しています。

日本時間の2014年9月25日午前2時頃、アップルが「iOS 8.0.1」の配信を開始しましたが、アップデート後に携帯電波の受信・Touch IDに不具合が発生することが判明。現在は配信が停止されています

【2:27追記】アップデートを適用すると、電波が掴めなくなるという例が多数報告されています。

【2:30追記】Touch IDも使えなくなるとの報告あり。

【2:50追記】アップデート後、問題が出ていないケースもあり、影響の範囲は不明。

【3:22追記】アップルが8.0.1の配信を中止した模様。

【3:30追記】Twitterによるアンケートによると、iPhone 6および6 Plusでのみ問題が起きている模様。iTunes経由ではなく、OTAでのアップデートのみ問題が発生するとの報告あり。

【5:50追記】iOS 8.0.1→iOS 8.0の手順を追加(ページ下を参照)。

【18:00追記】アップルが、ダウングレード手順を記したサポート文書を公開

ios_801_release_0

リリースノートによると、このアップデートには以下の機能改善およびバグの修正が含まれているとのこと。

  • HealthKitのAppをApp Storeで入手可能にできるようにバグを修正
  • ユーザがパスコードを入力したときに他社製のキーボードの選択が解除されることがある問題に対処
  • 一部のAppがフォトライブラリの写真にアクセスできない問題を修正
  • iPhone 6およびiPhone 6 Plusでの簡易アクセス機能の信頼性が向上
  • SMS/MMSメッセージの受信時にモバイルデータ通信が予期せず使用されることがある問題を修正
  • App内課金に関するファミリー共有の“承認と購入のリクエスト”のサポートが向上
  • iCloudバックアップから着信音が復元されないことがある問題を修正
  • Safariから写真やビデオをアップロードできないバグを修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

小さな不具合の修正が大半を占めていますが、注目すべきはHealthKitのバグが修正されたことでしょうか。

よく耳にするWi-Fi関連の問題は、リリースノートでは触れられていません。

アップデートの適用は、

設定 > 一般 > ソフトウェアアップデート

から行えます。

バッテリー残量が50%以上、または電源に接続されている必要があります。

 

【追記】iOS 8.0.1からiOS 8.0へ戻す方法

アップルが公式の手順を公開しています。そちらに従ってダウングレードを行ってください。

iOS 8.0.1を適用し、電波の受信・Touch IDの問題が発生している場合、以下の手順でiOS 8.0へと戻すことができます。(source: The Verge)

注:以下の方法は国内外のユーザーによって有効性が確認されていますが、状況を悪化させる可能性が無い訳ではありません。アップルからの正式な発表、または新たなアップデートの配布を待てる場合は、実行しないでください。

Step 1. 最新版のiTunesをインストールしたMac/PCを用意する

Step 2. iOS 8.0のファームウエアをアップルのサーバーからダウンロードする(約2GB)

Step 3. 設定 > iCloud > iPhoneを探す、をオフにする

Step 4. ケーブルでMac/PCに接続。iTunesでiPhoneのタブを選択。

ios801_fix_0

Step 5. Macは「option」キー、Windowsは「Shift」キーを押しながら、「アップデートを確認」をクリックする。

ios801_fix_1

Step 6. 「Step 2」でダウンロードしたファイルを指定。

ios801_fix_2

 

以上でiOS 8.0へアップデートされ、元通りになるはずです。