ヤギになって、3Dの街をひたすら走り回って破壊するゲーム『Goat Simulator App Store』のiOS版がリリースされています。

「ヤギになりたい」という夢を叶えてくれるというこのシミュレータは、開発元が自ら「全くバカげたゲームです 」といっているとおり、これといった目的やゴールはありません。

まずは、700万回も再生されているPC向けのトレイラー動画からどうぞ。

[youtube http://youtu.be/dvWGLcdI8o8]

主人公となるヤギは、左のパッドで移動、右のボタンでジャンプや頭突きなどができます。

app_game_goat_simulator_2

ヤギおよび周囲のオブジェクトは、物理法則に基づいた3Dグラフィックスで描画され、ずらしたり、投げたりすることができます。

しかしながら、もともと試験的なプロトタイプとして作られたらしくかなりいい加減で、そのことが返ってシミュレータを面白くしています。

よそ見をしながら道路を横断していると車に轢かれたりと、過激な(でも笑える)シーンも盛りだくさん。

app_game_goat_simulator_3

また、車やガソリンスタンドやたらに爆発要素が多く、頭突きをすると吹き飛ばされたりします。

app_game_goat_simulator_4

右のボタンで舌を出すと、オブジェクトを捕まえることができ、引きずったり振り回すことが可能。

app_game_goat_simulator_5

物理エンジンが厳密ではないので、走っている車に簡単に載ったりすることもできます。

app_game_goat_simulator_6

しまいには、背中にエンジンを積んでみたりと、もう何がなんだか分りません。

app_game_goat_simulator_7

内容がクレイジーなので、実況プレイなどにに向いてるかもしれません。

シングルプレイしかできませんが、マルチプレイができるとより楽しめそうな気がします。

Goat Simulator App Store
ゲーム:95.2 MB
価格:¥500
開発:Coffee Stain Studios