アップルが、2014年9月9日(現地時間)にメディア向けイベントを開催。メディア向けに招待状の送付を始めたと伝えられています。

イベントの会場はカリフォルニア州クパティーノの「Flint Center for the Performing Arts in Cupertino」で、現地時間の9月9日午前10時から開催されるとのこと。

下は実際に送付された招待状の画像。

例のごとく日時と場所のみで、発表される内容については一切触れていません。

そして、

“(We) Wish we could say more.” 「もっとお伝えしたいことがあるのですが(今は言えません)」

とだけ記されています。

apple_2014_sept9_event_invitation_1

招待状の内容は例年どおりシンプルですが、今回はかなり大掛かりなイベントになることが予想されます。

まず会場となる「Flint Center for the Performing Arts in Cupertino」が、座席が3階まであり、収容人数が2,405人、という巨大な施設であること。

apple_2014_sept9_event_invitation_3

アップルが近年メディア向けイベントに使用してきた会場と比べると、かなり大きいことがわかります:

  • Apple Campus Town Hall:301
  • Yerba Buena Center:757
  • Flint Center:2,405

通常アップルは、スペシャルイベントへの招待状を1週間前に発送しますが、今回は12日前と比較的余裕を持たせてあり、招待する人数が多いことも関係しているのもしれません。

また、この会場はスティーブ・ジョブズが初代Macintosh、iMacなど、歴史的な製品の発表にも使われてきたとのこと。

さらに会場の外には、今回のイベント用とみられる2〜3階建てに相当する「箱」が建設されているようです(via MacRumors)。

このような「箱」は、ファッション・ブランド向けのイベントで多くみられることから、同時に「iWatch (仮称)」の発表もありそうです。

apple_2014_sept9_event_invitation_2

例年との違いをみていると、やはり今回は単なるiPhoneの新製品の発表に留まらず、噂のウェアラブル(iWatch)登場の可能性が高いと考えられます。

イベントは現地時間の9月9日午前10時、日本時間では翌10日午前2時(9日26時)から開催されます。