アップルが、「iWatch (仮称)」の生産を開始した、との情報が掲載されています。

ニュースを掲載したChina Timesによると、アップルは「iWatch」の2014年後期の発売に向け、小規模な生産を既に開始しているとのこと。

iWatchの製造には、既存の複数の半導体を1つのパッケージに納める「SiP (System in Package)」が採用されるとしています。

「SiP」は、複数の機能を1つのシリコンチップに納める「SoC (System on Chip)」に比べ歩留まりが低くなるものの、開発期間の短縮などのメリットがあるようです。

またこれらの製造には、Kinsus Interconnect TechnologyNanyaPCBASE Groupの3社の名前が挙げられています。

iwatch_production_rumor_1

「iWatch」は、アップルにとってiPhone以来の新ジャンルの製品であり、機能・デザイン・価格帯において様々な噂が流れているものの、未だ確固たる情報が無いのが現状です。(上記画像はMartin Hajek氏によるコンセプト)

発売の時期に関しては2014年中、とくに次期iPhoneの発売が予想される秋頃が最も有力とみられています。