マグプル社のiPhone 5・5s用保護ケース『MAGPUL Field Case for iPhone 5・5s』を購入してみました。

米国コロラド州に本社を構えるMagpul(マブプル)社は、銃器関連製品の製造を行う会社で、とくに樹脂製の弾倉「P-MAG」が知られています。

magpul_field_case_for_iphone_review_11

このiPhoneケースは、同社の得意とする樹脂成型技術を使い、「P-MAG」のトレードマークでもあるリブ(格子模様)をデザインに取り入れているのが特徴です。

magpul_field_case_for_iphone_review_2

一般的なTPU(熱可塑性ポリウレタン)ケースよりもやや硬く、わずかに柔軟性を残している素材を採用。

中央に「MAGPUL」の大きなロゴがデザインされていますが、同色のためあまり目立ちません。

magpul_field_case_for_iphone_review_3

ケースの内側には、社名や「MADE IN USA」が刻印されています。

magpul_field_case_for_iphone_review_4

iPhone 5 (スレート)に装着したところ。

フィット感に問題はありません。

magpul_field_case_for_iphone_review_5

サイドのボタンおよびスイッチの部分。

サウンドオン・オフのスイッチはやや奥まっているので、爪を使って切替える必要があります。

ボリュームボタンはケースと一体化しており、結構固いので力を入れて押す必要があります。スリープ・パワーボタンも同じような造りをしています。

成型時に生じるラインがはっきり残っているところがアメリカンですが、デザインの一部にも見えるように上手にカムフラージュされている気もします。

magpul_field_case_for_iphone_review_6

カメラとフラッシュの開口は比較的小さいものの、フラッシュの映り込みは無いようです。

magpul_field_case_for_iphone_review_7

筆者的に最も気に入ったのが本体下部のデザイン。なかなか美しい造形です。

Lightningコネクタは、純正であればかなり余裕がありますが、サードパーティの先端が大きなケーブルでは、干渉する可能性がありそうです。

magpul_field_case_for_iphone_review_8

ケースの端はわずかながら画面側に出ており、万一落下した場合などでも、ある程度画面の保護を期待できそうです。

magpul_field_case_for_iphone_review_9

手に持ったときのホールド感・グリップ感が高い割には、サラサラとした手触りで、ポケットから取り出す際のイヤな引っ掛かりはありません。

やはり、表面の細かな凹凸やリブの形状に、ミリタリーで鍛えられたノウハウが生かされているのかもしれません。

magpul_field_case_for_iphone_review_10

ブランドの魅力もさることながら、保護性能や手触りなどケースとしての実力も高く、アマゾンのユーザー評価が非常に高いのもうなずけます。

価格は2,800円(税込)。カラーバリエーションは、上の「ODグリーン」をはじめ全9色がラインナップされています。