サーモグラフィ大手・米FLIR Systems社が、iPhone用のアクセサリー「FLIR ONE」を発表しています。

「FLIR ONE」は、iPhone 5・5sの背面にアタッチする赤外線カメラです。

iphone_thermography_flir_one_1

メーカーによるプロモ動画がこちら。

背面にある2つのカメラで赤外線および可視光線の映像を撮影。

画像処理したものをiPhoneの画面に表示するという仕組みのようです。

iphone_thermography_flir_one_2

体から放出される赤外線を捉えることができるため、暗闇の中でも人や動物を認識することができます。

また、表面温度の違いから、濡れている場所・乾いている場所の区別も可能。

iphone_thermography_flir_one_4

そのほかにも、条件さえあえば、壁の裏に隠れている配管・柱なども識別できるようです。

iphone_thermography_flir_one_3

サーモグラフィ市場は業務用をターゲットにしているため、機器の高価なのが現状です。

この「FLIR ONE」は、US$350(約37,000円)というリーズナブルな価格設定のため、パーソナルユースという新しい市場を開拓する可能性がありそうです。

【リンク】FLIR ONE